Fargateでタスク実行する with CodePipeline + CodeBuild

Fargateが魅力的だったので今更ながらDockerを仕事にも取り入れるようになってきました。Fargateは既存のECSのようなクラスタインスタンスが不要なのでLambdaの延長のような形でコストや運用をあまり気にせずに使えるのが良いですね。特にLambdaが苦手な長時間の処理であったりVPCの中でRDSを操作するような処理はこれからはFargateに任せたいところです。

WordPress移行メモ – ECS+EFS+CloudFront

これまでOpsWorksベースの環境でWordPressを運用していたんですが、re:inventで発表されたFargateに移行したくなり大晦日にECS周りを触っていました。将来的にはECS(Fargate)+EFS+Aurora Serverlessみたいな構成にしたいと考えてますが、Fargateはまだ少し早かったようです。今回はその前段階としてECS+EFS+RDSの構成になりました。

AWSシステムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター – アソシエイトに合格しました

先日AWSシステムオペレーション(SysOps)アドミニストレーター – アソシエイトを受験して合格しました。勉強した内容など残しておこうと思います。

ALBを実戦投入しました

今年の夏に新機能として追加されたELBの新しいタイプApplication Load Balancerを実戦投入しました。ELB(Classic)でもWebSocketはつながるんですが冗長化すると不安定になるため正式にWebSocketをサポートしているALBに乗り換えました。

AWSアカウントを跨いだVPC間接続でプライベートDNSとしてRoute53を使う

ひさしぶりにAWSネタです。2つのAWSアカウントで別々にVPCがある時にピアリング接続を設定します。これでプライベートIPでそれぞれのVPCからアクセスができるようになります。ただ、その際に直接IPアドレスだと少し困るので今回Route53を使ってプライベートなDNS名でアクセスするようにしました。備忘録です。

AWSソリューションアーキテクト- アソシエイト(ASA)に合格しました

1ヶ月くらい経ってしまったんですが、先月の4/21にAWSソリューションアーキテクト- アソシエイトを受験して合格しました。まだかろうじて記憶が残っているうちに感想など書いておきたいと思います。

EC2のあまり触っていないところ

先日のVPCに引き続き今度は個人的にEC2のあまり触ってなかったところを触っていきます。普段ElasticBeanstalkやOpsWorksをメインで触っている事もあって細かいところはあまり試してませんでした。やっぱり自分で触りながら疑問に思ったところをググったりすると理解がだいぶ深まりますね。

VPCのあまり触ってないところ

最近AWSの認定資格のAWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトを取得しようかなと思っています。そのこともあって勉強かねて普段あまり個人的に触らないところを触ってみたいと思いました。まずはVPCから。こういう機会は基礎固めにとても良いですね。

API GatewayとLambdaでSlackのbotを運用する

以前はHubotをHeroku等のサーバーを使ってbotを運用していましたが、最近はAWSのAPI GatewayとLambdaを利用してサーバーレスでbotを作る方法が出てきてます。今回下記の記事を参考にbotを作ってみました。

サーバーレスで運用するとサーバーを建てた場合と比べてコストがかからなくなるので、botなどでは積極的に利用できると良いと思います。

t2.microのWordPressでキャッシュを使ってみる

昨日、Nginxのfastcgi cacheを試してみたので、さっそくこのブログにも導入してみました。このブログはAWSでEC2(t2.micro)とRDS(db.t2.micro)で動作しています。ちなみにプロビジョニングにはOpsWorksを使っています。

キャッシュを使ったらどうなるか、さっそく計測してみます。