冬期営業してる安めのオートキャンプ場

tpsdave / Pixabay

道の駅で車中泊も経済的で良いのですが、場所によっては騒音があったり道の駅が街の中にあったりするので自然の中でゆっくりというわけにはいかなかったりします。自然の中でリラックスできる場所と言う意味では道の駅だけでは難しいかも。そういう時はキャンプ場を使った方が移動も少なくのんびり滞在できそうです。

という事で、以下は少ないですが「オートキャンプ可能」「冬期営業」「家族3人合計4000円以下」の条件で東京近郊でキャンプ場を調べてみました。

月川荘キャンプ場(埼玉県比企郡)

嵐山渓谷月川荘キャンプ場

嵐山にある通年利用可のキャンプ場です。アクセスには関越を利用します。料金が子供連れ家族の場合2000円程度で調べた中でもかなり安いです。ヤギなどの動物もいるみたいなので子供連れにはぴったり。温泉が遠いのが少し気になるのと、トイレなどが綺麗かちょっと不安かも。

項目 料金
入場料 大人300円
駐車場 普通車600円
テント持込料 870円
コインシャワー 5分300円

ヤギなどの動物がいるそうです。

近くの温泉は玉川温泉で車で11分程度です。「昭和レトロ」をコンセプトにしている温泉で面白そうな感じです。ごはんも美味しそう。

ゆうパークおごせ(埼玉県入間郡)※温泉あり

ゆうパークおごせ

奥武蔵の越生にある複合健康施設です。こちらも関越で鶴ヶ島ICから30分程度です。複合型施設なので、キャンプ場の近くに温泉もレストランもあって1箇所で完結するのでとてもラクチンです。岩盤浴もできるみたいです。

項目 料金
キャンプ(オートキャンプ可) 3150円/1区画
温泉17:00以降 600円

ちなみに越生は聖人岩にルートクライミングで何度か行った事があります。ゆうパークおごせから聖人岩まで10kmあって車で20分程度。

青野原オートキャンプ場組合(神奈川県相模原市)※冬期無料開放

青野原オートキャンプ場組合

相模原市にあるキャンプ場です。中央道の相模湖ICを利用します。道志みちの脇にあります。このキャンプ場は特に公式にではないようですが他の利用したユーザーのブログなどを読んでると冬期無料開放しているそうです。無料開放してなくても十分安いのであまり無料にこだわらなくても良いかも。子供連れ家族の場合2000円です。

項目 料金
入場料 大人500円
駐車場 普通車500円
テント 500円

※ 冬期無料開放(12月1日~3月31日?)

温泉は車で15分のいやしの湯を利用します。お食事処もついています。

白浜フラワーパーク(千葉県南房総市)※ホテルお風呂近

白浜フラワーパーク

南房総の海に隣接しているフラワーパークです。オートキャンプの他にも花摘みなどができるみたいです。子供連れ家族3人で4300円になりそうです。焚火・温泉セットプランあるみたいです。南房総は少し遠いですが冬は暖かくて良いですね。

項目 料金
入園料 大人500円 3歳以上300円
オートキャンプ 3000円
温水シャワー (24時間無料)
温泉 同系列ホテル 徒歩3分 割引価格500円

植物園は別途入場料が必要です。

はな花の里(千葉県富津市)※お風呂あり

はな花の里

南房総の富津市にある山間のキャンプ場です。カフェがあったり動物がいたりHPも可愛い感じです。子供連れ家族3人で4000円強になりそうです。カフェと動物がポイント高いです。奥さん・子供にはここが一番ウケが良さそうな気がしています。

項目 料金
オート1区画 (〜5人) 4,000円
お風呂、シャワー 大人(中学生以上)300円/小人(2才以上・小学生)150円

森のまきばオートキャンプ場(千葉県袖ヶ浦市)

森のまきばオートキャンプ場

袖ケ浦市なのでアクアラインですぐで都内からのアクセスが良好です。1度行ったことがあるんですが、敷地が広くて見晴らしも良いですし、動物もいるので子どもも楽しめてるみたいでした。炊事場でお湯が出たのもとても良かったです。

項目 料金
普通車 テント1張りタープ1張り 3~5名 5,400円

冬期割引(12/1〜2/28)で1,000円引き

冬期割引で1,000円引きになるみたいです。難点は温泉が遠いところ。最寄りの温泉の君津の森まで、オートキャンプ場から15kmで車で20分以上かかります。前回行った時はお風呂は翌日に行った気がします。

調べてみるとキャンプ場の価格っていろいろですね。高規格キャンプ場と呼ばれるところだと8,000円くらいはザラにしますし。トータル4,000円台はかなり良心的だと思います。