道の駅「いちごの里よしみ」と森林公園で紅葉狩り

thomashendele / Pixabay

埼玉県熊谷市の森林公園(正式名称:国営武蔵丘陵森林公園)に遊びに行ってきました。とにかく大きな公園で、園内にサイクリングコースがあるんですがその長さ全長17kmとかなり巨大な公園です。出入口は「中央口」「南口」「西口」「北口」と4つありますが、当然ひとつひとつがかなり遠くて出入り口を間違えると痛い目を見ます。森林公園のマップ

森林公園西口はファミリーにぴったり

その中でも西口は「むさしキッズドーム」「冒険コース」「水遊び場」など子ども向けの設備がありファミリー向けにピッタリです。北口のほうにはドッグランもあります。西口からは遠いですが、中央口の南には巨大トランポリンの「ぽんぽこマウンテン」もあります。

IMG_20151128_150028

写真は「西口ひろば」という芝生の広場です。無料貸出しの大きなボールで遊べます。この日は「むさしキッズドーム」と「西口ひろば」だけ見ましたが他にも「冒険コース」「水遊び場」があるので小さい子どもだったら西口だけで1日中遊んでいられますね。

「紅葉見ナイト」で紅葉狩り

10月24日から12月6日まで紅葉のライトアップイベント「紅葉見ナイト」がやっています。場所は中央口からが良いですが、この時期は駐車場が混み合っていて南口に駐車して無料シャトルバスで行くのが無難です。

IMG_20151128_163642

中央口の広場ではコンサートをやってたり、チェンソーで氷の彫刻をやっていました。紅葉ライトアップは周遊コースの中に遊び場があったり、各所に木の人形があったりで子どもが楽しめるようになっています。

花和楽の湯と道の駅いちごの里よしみ

この日の温泉は南口からすぐの花和楽の湯へ。午後6時を過ぎるとタオル貸出がないシンプルコースがお得で休日利用で980円です。まだ新しい温泉で雰囲気も設備もとても良いです。

その後、道の駅いちごの里よしみに移動して車中泊。少し距離がありますが写真のとおり遊具が充実しているので滞在先に選択したんでした。雰囲気も明るくて良い道の駅です。

IMG_20151129_104005

残念ながらいちごは売り切れで買えなかったんですが、ブロッコリー・ほうれん草・小松菜など吉見町産の野菜が買えました。なんだかんだで11時くらいまで買い物したり遊具で遊んだり。起きるのが遅かったというのもありますが、とてものんびりできました。地元のつながりを感じる道の駅というか活気があります。

遊具が充実している道の駅は探すとたまにあります。子どもが楽しく遊んでくれるのでこういう道の駅は良いですね。今度は遊び場が併設されてる道の駅を探してリストアップしてみようと思います。