ジャパンキャンピングカーショー2016

SONY DSC

ジャパンキャンピングカーショーに行ってきました。会期は2月11日〜2月14日の4日間で、会場は幕張メッセです。ぼくは初日の2月11日(建国記念の日)に行きました。初めて行ったんですが、家族でいろんなキャンピングカー見つつ楽しめるイベントでした。フードコードやキッズスペースなどもありましたよ。

ステップワゴンベースのキャンパーが目新しかった

NewImage

会場に入ってすぐにあったWHITE HOUSEのスペースにステップワゴンベースのDECK ONEが目新しかったです。

WBSのニュースでも取り上げられてますね。以下引用です。

ここ数年、軽自動車をベースにした「軽キャンパー」が人気を集めていましたが、今年は快適性を高めた中型サイズの車が多いのが特徴です。日本のホワイトハウス社が出展した「DECK ONE JOY」は、ホンダのステップワゴンをベースにした車で、天井スペースを広げて4人が快適に寝られます。

ぼくは軽キャンパーユーザーですが、たしかに軽キャンパーって便利で低コストに維持できるんですがそんなに快適ではないんですよね…。バンコンだと大きすぎて燃費も気になるという場合はステップワゴンベースは良いかもと思いました。ちなみにRV TRUSTのALESTもこちらはSPADAベースですが似てますね。どちらも運転席・助手席が後方に回転できるオプション設定があります。これが出来ると車内を広く使えるので良いですねー。

トレーラーハウスが意外と良いかも

牽引免許不要のトレーラーハウスがけっこう出てました。知らなかったんですが750kgまで牽引免許が不要なんですね。

NewImage

NewImage

キッチン・シャワー・ベッド・ソファ・テーブルが付いていて、ちょっと狭いワンルームくらいの快適性はありそうです。これ戸建てだったら普通に部屋として使えますね。

中でもフジカーズジャパンが輸入販売しているAce One 330DLが安価な設定でした。税抜き165万。こちらはスペインで作られているトレーラーハウスのようです。実際見てみると案外悪くありません。

NewImage

NewImage

戸建てで置くスペースがあって、普段から庭先で別室みたいに使える人はアリじゃないかなと思いました。トレーラーハウスは普段なかなか見る機会がなかったので見れて良かったです。田舎暮らしだったらこれ欲しいです。

キャンピングカーに何を望むのか?

最後に立ち寄った日本RV協会のブースで広報誌の「くるま旅」を頂いてきました。年1回発行している無料の広報誌ですが、2016年の特集がなかなか面白かったです。バックナンバーはこちらにあります。

NewImage

見出しを並べると「ペットを”家族”にしてくれたくるま旅」、「キャンピングカーで仲良し家族誕生」、「キャンピングカーがあれば、釣り、自転車などの趣味が異次元に突入」、「キャンピングカーで時間に拘束されないハッピーライフ」みたいな感じで、わりと共感できるキーワードが並んでいると思いませんか?内容も個人的にとても楽しめました。

今回キャンピングカーショーに行くまで、キャンピングカーはどちらかというとリタイアしたシニアの夫婦がメインユーザーなのかな?と勝手に想像してました。実際、シニアなユーザーは多いと思うんですが、ただ来場してた人たちを見てると30〜50代で子どもがいる家族連れも多かった印象です。

「キャンピングカーを通して実現する自由なライフスタイル」みたいなのが、決してリタイア後の話だけではなく、より自由な生き方として可能性を期待されているのかな〜と思ったりしました。