iPad Proでプログラミングをビデオ学習する

最近、The Python Mega Course: Build 10 Real World ApplicationsというPythonのビデオ学習コースを受講しています。英語のビデオ学習コースなんですが、たまたま78%ディスカウントを見かけて「英語とPython両方同時に勉強できたらお得かな」と思って購入しました。ビデオはスマホからも見れるんですが大きな画面で見たかったりあとコーディングを試したかったのでiPad Proで出来ないか探ってみました。

プログラミングのビデオ学習

ビデオ学習は今回初めて受けています。まだちょっとしか受講してませんが、なかなか良いものですね。英語のビデオの場合、英語のリスニングだけだと辛いんですが、ビデオでコーディング状況なども見て理解できるので英語がぼくのように得意じゃない方でもおすすめです。英語の勉強にもなって一石二鳥。もちろん日本語のビデオもあります。

先日ビデオ学習環境のUdemyでセールをやっていて安かったので、つい5本ほど購入してしまいました。なので、もっと効率よく学習していかないとな〜と焦ってます。週に1個くらい完了できると良いんですが…。

iPad ProでPython環境を用意する

基本的には自分のMacBookなどで学習していくのが良いと思うんですが、どうも座りっぱなしになってしまって辛いです。iPad ProであればSmart Keyboardで文字入力はそこそこ素早くできるのでPython環境さえ用意できればリビングでも寝室でもビデオを見ながらコーディングを試すこともできそうです。

Cloud9を試す

最初に試したのはCloud9です。こちらの記事を参考にさせて頂きました。

Cloud9で簡単Jupyter環境構築

手順通りで簡単にJupyter notebookを起動できました。ただ、記事にも書いてありますが容量が足りなくて辛いです。ぼくの場合Cloud9が利用する容量がバージョンアップで増えたのかanacondaはインストールできてものの途中の手順で容量オーバーになってしまいました。

また、Cloud9で致命的だったのはTerminalの実行で、iPad Proの矢印キーが正しく認識できないようでiPadで便利に使っていくのは難しそうです。

SSH Terminal AppとEC2インスタンスを利用する

SSH Terminalのアプリがいくつか出ています。ぼくは今回Serverauditorというフリーのアプリを利用することにしました(有料版にすると複数環境で情報を同期できます)。Serverauditorを使ってみた感じではかなりまともに使えててMacでTerminal使ってるのとほとんど遜色ない気がします。viも普通に動かせます。他の無料のアプリだとEscキーがSmart Keyboardとかち合ってるのか隠れちゃって使い物にならなかったんですが、このアプリは何の問題もないです。

EC2インスタンスは無料枠のt2.microのAmazon Linuxにしました。クラウド環境なのでiPad Proでコーディング進めて後からMacで続きをやるということもできて良いですね。

ということでひとまずServerauditorとEC2で進めていきたいと思っています。

iPadで2画面分割とピクチャ・イン・ピクチャを使う

肝心のビデオ学習時ですが、iPadならではの機能として2画面分割とピクチャ・イン・ピクチャを使います。

NewImage

上図だと左にビデオで右側の画面でターミナルを起動しています。

NewImage

こちらはピクチャ・イン・ピクチャでターミナルをメインにしながら小窓でビデオを見ています。

NewImage

これくらいの余裕があればJupiter notebookも難なく試せます。

まとめ

ビデオ学習はまだ始めたばかりですが、なるべく全部終わらせたいなぁ〜。今購入してるのは下記です。備忘録がてらおぼえた事はブログに投稿していきたいと思います。

ちなみにUdemy見たらまたセールやってたので、よくやってるのかな?乗せられて一気に購入してしまったようです…。