2017年の行動指針

あけましておめでとうございます。年末に今のプロジェクトの区切りがついた事もあって年末年始のお休みは今後の指針を考えたりする良い機会になりました。どんな年にしたいかまだそんなに明確ではないですが、整理しておきたいと思います。

2016年を振り返って

前回のエントリで少し書きましたが、昨年は初めてのクライアントのプロジェクトで「顧問プログラマ」的な仕事をした1年でした。クライアントからのフィードバックも概ね悪くなかったと思いますし、リリースしたものも手応えがあったので自分にとっては自信につながりました。物作りの技術もですが特にプロジェクト進行上のコミュニケーション能力など少しはベースアップできたのではないかと思います。

で、プロジェクトの区切りがついたので海外の求人(主にオセアニア・アジアなどのタイムゾーンが近い地域)など見てたんですが、Full-Stack Developerの需要もあるんですがこのロールは完全リモートだと難しそうですね…。探し方が足りないかもしれないですが、最近目標としている「海外の仕事をリモートで受ける」ためには今のところ得意領域はあったほうが良いと思いました。そもそもそんなに英語話せないですし。

2017年の行動指針

というわけで、今の自分に必要な点としてざっくりですが「得意領域を強化する」「英語を強化する」が大事だなと思いました。強化すべき得意領域は需要や潰しの観点から言ってフロントエンドが良いと思っています。

フロントエンド強化施策

今のところ強化施策として思いついてるのは、下記のような感じです。

  • フロントエンド系OSSへのコントリビュート
  • Angular2などReact/Redux以外のフレームワークも触る
  • React Native/Ionicなどのハイブリッドアプリも触る

コントリビュートは周辺の小さなライブラリでも良いのでやっていきたいです。React系以外のフレームワークやハイブリッドアプリについてはプロジェクトでチャンスがあれば本格的に触るとして、まずはUdemyなどで手早く学習してみようかと思いました。

英語の強化施策

英語については昨年から引き続きのところもありますが、下記のように考えています。

  • Udemyの英語のレクチャーをとる(継続)
  • 海外ポッドキャストを購読する(継続)
  • レアジョブなどのスピーキング練習を始める

3番目はレアジョブにするかはまだ分からないです。ただ、ビデオよりは電話だけのほうが気軽だし難易度も上がるのでそういうオプションがあれば使うと良いかなと思っています。TOEIC900点くらい取れてるとよいなぁ。昔受けた時は対策なしで800弱だったので気合い入れて勉強したらいかないかなと思ってます。甘いかな。

その他

上記の「フロントエンド強化」「英語強化」が高プライオリティですが、下記もやっていきたいです。

Python + 数学の勉強

昨年からやっているPython(pandasなどの数値分析系)と数学ですが引き続き勉強していきたいなと思っています。数学はスタディサプリで高校数学から復習中です。Pythonは特にpandasなど仕事か趣味のプロジェクトかどこかで早く実際に活かしたいです。

カロリーレコーディング

昨年在宅であまり出歩かなかったせいで体重がそこそこ増えてしまいました…。今65kgなんですが、一昨年のベストの59 kgあたりに持っていきたいなぁ。少なくとも1年カロリーの記録を続けたいと思っています。データ化できれば上述のpandasなどで遊ぶこともできるでしょうし。今年でケリをつけたい。

まとめ

実は施策の半分以上にUdemyが関わってきてたりします(笑)。Udemyは英語も技術も同時にできて個人的にはおすすめです。広く短時間で学習するにはとても効率が良いのでどんどん使い倒していきたいです。半分以上趣味ですね。
一方で仕事で触るコードに関してはこれまでよりもさらに深くコミットしていけると良いかなと思っています。たとえばテストなどのメンテナビリティにさらに配慮する、使っているOSSへのコントリビュートも視野に入れる等。

どこまで出来るか分からないですが、2017年の行動指針でした。